読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログっぽく写真多目な………773日目

晴れた木曜日

気温25~30度、微風

お出掛け日より

10月上旬

紅葉はまだだろなー

と思いつつ

行ってきました、寸又峡



基より、ワタクシ、

海外にはなかなかいけないけど国内ならば時間と根気ありゃふらっと行けそうな気がする

と言う考えから

なんとなーく辿り着いた先が日本の○○

例えば、日本のマチュピチュ。 日本のウユニ湖。 

そんな感じで例えられる国内絶景スポットなるところが何ヵ所かあるらしいのですが

その中のひとつにあったのが



寸又峡】です



数日前に知ったスポットなのですが

知ってる人に言わすとそこは温泉地としても絶景スポットとしても有名な秘境らしいのですが、、、有名な秘境って………

それって秘境って言うのか? 

元秘境?

いやいや、知ってるけどなかなか簡単にたどり着けないから秘境??



秘境かどうかはこの際どうでもよくて

とりあえず、写真で見たあの絶景がホントかどうかみたい!と言うわけで、行ってきました。




寸又峡】とは、「21世紀に残したい日本の自然100選」や「新日本観光地100選」とか「死ぬまでに渡りたい世界の吊り橋」とか色々選ばれまくってるところのようです。



死ぬまでに一度は渡りたい 世界の徒歩吊り橋 10 [トリップアドバイザー Bucket List]





今日の目的はSLでも大井川鉄道でもなく

寸又峡温泉地の奥のある『夢の吊り橋』

検索してみれば、プロが撮った美しい写真をもりもり見ることができます。

が、せっかく直接足を運んで見たものをば………何枚か撮ったので載せます



目的ではないといいつつも……道中見かければ寄り道
数駅見かけたけど、どの駅も趣ある駅でした
f:id:kumazu:20161007093852j:plain


途中、そばを食べに車を止めて下りたタイミングで偶然にも汽笛音「ポーーーーーーーーー!」
f:id:kumazu:20161007094005j:plain
(スマホじゃこれが限界です…… 初めて走るSL見て、軽くテンションあがりました。それと案外SL列車が長くて驚きました)



その後、峠をいくつか超え、寸又峡エリアへ到着

吊り橋までは駐車場から少し歩きます。


トンネルをくぐったり
f:id:kumazu:20161007093400j:plain


樹海っぽいのをみたり
f:id:kumazu:20161007094400j:plain


大自然を眺めたり
f:id:kumazu:20161007094519j:plain


ようやく発見
f:id:kumazu:20161007094651j:plain


わお! 
f:id:kumazu:20161007094758j:plain


下り口とはあったけど、結構な勢いで下ります
f:id:kumazu:20161007094941j:plain


おっ!見えてきた! たしかに青い!ややテンションあがる
f:id:kumazu:20161007095131j:plain



下りきった所にある案内所、一応、ほら、ね、なんとなく、パシャリ
f:id:kumazu:20161007095438j:plain








さて、ようやくメインです。






おーーー! 景色もすごいが、思っていたよりリアルガチな吊り橋にややビビる
f:id:kumazu:20161007095608j:plain



えーっと……1、2、3、、、、とりあえず待つ。 
f:id:kumazu:20161007095830j:plain



絶景に見惚れながら…………待つ
f:id:kumazu:20161007100640j:plain



渡る
f:id:kumazu:20161007110703j:plain



渡る2
f:id:kumazu:20161007101056j:plain



肩幅くらいしかない足場、尚且つ、ナチュラルに揺れる(笑)
f:id:kumazu:20161007101251j:plain



とにかくリアル揺れる吊り橋♪
f:id:kumazu:20161007102356j:plain




前や後ろに人がいたら、その人が動く度に揺れます。自分の動きとは関係なく揺れるので、最初予測できない微妙な揺れを感じつつ、とりあえず前にすすみます。



なれてきたらきたで、油断禁物!落とし物注意!

カメラや携帯電話は落ちた瞬間諦めましょう。 
(首からかけるタイプのヒモあれば安心かも♪)

鞄も、リュックやショルダーバッグをおすすめします
(ワタクシ、クラッチバッグだったおかげでハラハラ感更に倍!でした)




景色とアドベンチャー感を堪能しながら無事ゴール



おじゃましました、夢の吊り橋
f:id:kumazu:20161007102810j:plain



渡りきったところにこの看板。一通じゃないのね(笑)
f:id:kumazu:20161007102208j:plain


人来てるし、とりあえず戻らずにすすみます。


下ってきたんだからその分…………
f:id:kumazu:20161007102935j:plain



ですよね。
f:id:kumazu:20161007103103j:plain


ひたすら上る、そして見下ろす
f:id:kumazu:20161007103153j:plain



ありがとうございます、お気持ちだけ……一気にいきます
f:id:kumazu:20161007103347j:plain



結構遠くに見え、かなり上ってきたのがわかる
f:id:kumazu:20161007082534j:plain


あまりに遠いのでややアップ
f:id:kumazu:20161007082718j:plain



写真は以上です。

加工や編集なしです。

実際見たほうがもっと色鮮やかです。

これから紅葉深まると

景色もより美しくなりそうですね♪ 

それにしても景色見て、吊り橋渡るだけかと思っていたら

意外にもよく歩きました、約1時間。

階段あり、緩やかだけど坂道ありと

いい運動にもなり一石二鳥となりました。イエイ



明日もきっと何か書きます